【おすすめ!】「電動コーヒーミル 」で自宅でカフェ気分

電動コーヒーミル 道具・アイテム
電動コーヒーミル

今日は特別な一杯のコーヒーを自宅で楽しむための魔法の道具、「電動コーヒーミル 」についてお話しします。
コーヒー好きなら、自宅で自分好みの一杯を淹れる楽しみ、わかりますよね?
コーヒーを淹れる過程は、まるで一日の始まりを告げるセレモニーのよう。
その中心に位置するのがコーヒー豆を挽くミル。
でも、手動のミルは時に力も時間も必要。
だからこそ、私たちの強い味方になるのが電動のコーヒーミルなんです。

コーヒーとコーヒーミルの関係

まず、コーヒーミルの存在がなぜ重要なのか、その理由を明らかにしましょう。
コーヒーの魅力はその香りと味ですよね。これらはコーヒー豆が持つ油分から生まれます。
そのため、豆を挽くことで油分が引き出され、鮮やかな香りと豊かな味わいが生まれるのです。
その挽き方一つで、コーヒーの風味は大きく変わります。
エスプレッソでは細かく挽いた豆を、フレンチプレスでは粗く挽いた豆を使います。
そのため、自宅でコーヒーを淹れる際には、適切なミルを選ぶことが重要なのです。

電動コーヒーミルの進化

昔のコーヒーミルは手動でした。
しかし、現代の忙しい生活の中で、毎朝豆を手で挽く時間はなかなか取れません。
ここで活躍するのが「電動コーヒーミル」です。操作はボタン一つで、しかも短時間で豆が挽けます。
最近の電動コーヒーミルはさらに進化しており、挽き具の種類、粒度調節機能、豆入れ容量、メンテナンス性など、さまざまな機能と性能が備わっています。

電動コーヒーミルのメリット

一番のメリットは、何と言っても操作の手軽さです。
ボタン一つで短時間で豆が挽けるのは、忙しい朝には本当に助かります。
そして、粒度の調節機能がついているタイプなら、エスプレッソからフレンチプレスまで、お好みの粒度で挽くことができます。

電動コーヒーミル選びのポイント

それでは、電動コーヒーミルを選ぶ際のポイントをいくつかご紹介します。

挽き具の種類

一般的に、挽き具は「フラットブレード」「コニカルブレード」「バーミル」の3種類があります。
フラットブレードは高速で回転し、バーミルはゆっくりとした回転が特徴。粉の粒度や均一性に影響します。

粒度調節機能

好きな抽出方法に合わせて粒度を調整できるミルを選びましょう。多段階の粒度調節が可能なモデルも多く、自分の好きなコーヒーを淹れるのに適したミルを見つけることができます。

容量

コーヒー豆は空気に触れると酸化してしまうため、一度に大量に挽かず、使用する分だけ挽くのが理想的です。そのため、豆入れ容量はあまり大きすぎないものがおすすめです。

メンテナンス性

コーヒーミルは定期的に掃除をすることで、コーヒーの味を最大限に引き出すことができます。そのため、ミル部分が取り外し可能なもの、簡単に掃除できるものを選びましょう。

おすすめの電動コーヒーミル

私がおすすめする電動コーヒーミルは、こちらの二つ。

多くのプロも認めるコーヒーミルの一つで、40段階の粒度調整が可能。バーミル式で、静かに豆を挽くことができます。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

デロンギ「KG521.M」:15段階の粒度調整機能があり、挽き具はコニカルブレード。一度に最大350gの豆を挽ける大容量タイプです。

まとめ

コーヒーの美味しさは、挽きたての豆の鮮度と挽き具で決まります。
時間がなくても美味しいコーヒーを楽しむために、電動のコーヒーミルは本当に便利。これからコーヒーミルを選ぶ方、参考になれば幸いです。
一杯のコーヒーが、一日を豊かに彩りますように。次回も、あなたのコーヒーライフをアップグレードする情報をお届けします。
それでは、また!

タイトルとURLをコピーしました